国際ロータリー第2670地区 徳島中央ロータリクラブ The Rotary Club Of Tokushima-Chuo

  • 国際ロータリー第2670地区 徳島中央ロータリクラブ The Rotary Club Of Tokushima-Chuo
  • 国際ロータリー第2670地区 徳島中央ロータリクラブ The Rotary Club Of Tokushima-Chuo
  • 国際ロータリー第2670地区 徳島中央ロータリクラブ The Rotary Club Of Tokushima-Chuo

例会のご案内

Welcome to Rotary Club of Tokushima-chuo

2017-2018 活動方針 クラブ運営について

会長 伊勢 正見

 この度、2017-2018年度の徳島中央ロータリクラブ会長を務めさせていただくことになりました。 未熟な私がお引き受けするにはとても大役でありますが、先輩の皆様のご協力やご指導を頂きながら、私で出来ることを全力で行っていく所存でございます。どうぞよろしくお願い致します。
 さて、本年度の国際ロータリー イアンH.S.ライズリー会長のテーマは「変化をもたらす(MAKING A DIFFERENCE)」です。
  「ロータリーとは何ですか?という問いに、私たちは行動を持って答えよう。奉仕の方法は時代や人により様々であっても、私たちは奉仕を通じて人々の人生に変化をもたらすことができる、誰かの人生をより良くしていこう。そして、私たちの行動を世界に理解してもらおう。」  とのメッセージを、ライズリー会長は力強く発信されています。
そして2670地区 柳澤ガバナーの本年度のテーマは「クラブの特性を生かそう」です。  「四国四県の各地域に根付いたクラブは、それぞれが誇るべき歴史と長所を持っている。地域の奉仕ニーズに応じて、各クラブの特徴を生かして活動を行ってください。」と、述べられたうえで3つの優先項目を掲げられました。
 1. クラブのサポートと強化
 2. 人道的支援の重点化と増加
 3. ロータリー公式イメージと認知度の向上
  徳島中央ロータリークラブもR1会長、地区ガバナーの方針に沿った運営を行いたいと思います。  当クラブの良き伝統である「人との温かい繋がり」を生かした奉仕活動とクラブ運営を進め、ロータリー活動を通じて関わる人々の日常の中に、小さくてもより良い変化や行動に繋がっていく。そのような活動を進めて参ります。
  どうぞ一年間よろしくお願い致します。

ロータリー:変化をもたらす